日本のミケランジェロと称される天才彫刻家「石川雲蝶」の彫刻が数多く残る「西福寺と開山堂」へ

日本のミケランジェロと称される天才彫刻家「石川雲蝶」の彫刻が数多く残る「西福寺と開山堂」へおじゃましてきました。

日本福祉タクシー協会が発行している生活情報誌「Salsa サルサ」の7・8号に掲載されていた場所です!(情報誌「サルサ」ご希望の方はお声がけください)

車イスでの拝観は、開山堂の床面の装飾保護のため基本的には禁じておられるようですが、お寺からの特別配慮で事前連絡と、車イスのタイヤが床に触れないよう敷物(90㎝角の敷物2枚)を用意する事で車イスユーザーにも拝観の道は開かれているようです。

写真を数枚アップしておきます!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索